子どもたちはどのようにして学ぶのか

 3歳から5歳のこどもたちは、特別な段階にいます。この年代の子どもたちの学習効果が最も高まるのは、実際の活動を通して学んでいるときです。子どもたちは、「これはどうやって動くの?」「植物はどうして大きくなるの?」「この古い時計の中に何が入っているの?」といった質問を、次から次へとしてくるでしょう。プリスクーラー(AEクラス相当)は、自分の周囲の世界への好奇心でいっぱいなのです。

 私たちは、子どもたちの質問に答えることはできます。しかし、子どもたちが自分自身を発明者、問題解決者、発見者、そして才能あふれる学習者と思えるようになるためには、彼らの自然な好奇心が育つのを手助けすることが必要です。子どもたちに、観察したり、探求したり、物を分解したり、組み立てたり、創造したり、描いたり、自分の発見を確かめたりするように促します。子どもたちは遊びに熱中すればするほど、多くを学び、記憶していきます。大人の都合で妨げたり、訂正してはなりません。

 プリスクーラー(AEクラス相当)の年代の子どもたちには多くの共通点があります。ひとりとして同じ子はいません。ご自分のお子さんのことは、保護者の方が誰よりも理解されています。ご家庭で、お子さんがどのように学んでいるか、初めて出会う状況にどのように対応しているか、あなたがよくご存じのはずです。ですから、あなたはティーチャーの助けになれるのです。ご家庭で起こった出来事(赤ちゃんの誕生、ペットの死、怖い夢、かんしゃく、旅行、親子の分離、離婚...)を話していただければ、私たちはお子さんのことをより理解することができます。私たちは、安心感を与えるお話、心が落ち着くようなアート、創造的なドラマティックプレイ、そして格別な愛情と気遣いで、前向きな出来事や困難な出来事に対処することができます。

 お子さんの安全を守る上で、アレルギー、糖尿病、喘息など健康上に問題がある場合は、必要事項をお知らせください。身体上の障害や特別な障害をお持ちの場合もお知らせください。1つあるいは複数の発達の分野に障害があっても、他の分野は正常な発達をしてくれるかもしれません。私たちは、お子さんのあらゆるプログラムにできるだけ多く参加できるよう、最大限の努力をします。